男の子、育ててみたかったなぁ

夢を叶えてもらえるとしたら、男の子を産んで育ててみたいです。

年齢的にも体力的にも経済的にも、もう妊娠・出産は厳しいです。我が家は女の子しかいません。

もちろん子どもを産む事が出来たのは本当に幸せだと思っています。

女の子、とてもとても可愛いです。親ばかですが、我が家の子達は見た目も可愛いですし、真面目で頑張り屋さんでとてもいい子達です。パパもメロメロなんです。

ですが、ふと思います。男の子も育ててみたかったなぁと。

最初に妊娠した子は男の子でした。妊娠中期に亡くなってしまいました。とても可愛い男の子だったんです。

私はその子をきちんと育ててあげられなかった、元気な子にしてあげられなかったので、申し訳ない気持ちがあります。

もし、その子が生まれてきていたら、今の娘達は存在しなかったかもしれません。
そう考えると複雑な思いがありますが。何年経っても、忘れられないです。

だから、余計、男の子産んでみたかった、育ててみたかったなぁと思います。

ママ友達が「男の子は可愛いよ」とか「うちの旦那は長男だから、男の子を産んで良かったわ」とか聞くと、正直羨ましいです。妬む自分もいます。

私の夫も長男です。いつか娘達が嫁いでしまったら、我が家の姓はどうなるのだろう?とか昔ながらの考えもしてしまいます。お墓はどうするの?とか。

夫も娘達にメロメロですが、息子も欲しかったかな?と思います。男同士で楽しめる事もありますよね。夫にも申し訳ないです。

もし確実に男の子が生まれるという保証があれば年齢的にきつくても、チャレンジする気にもなれますが、こればかりは授かりものですからね。

女の子が続いて、最後に男の子を産んだり、逆に男の子が続いて、最後に女の子を産んだママを見ているとすごいなぁって思います。